NSブロックとは

国土交通省NETIS
当品は、より自然環境に近いブロック製品とし開発したもので、国士交通省新技術評価委員会より優れた環境製品とし評価され、特許庁より実用新案が認められたものです。
自然石と極小砂利を使用し、従来の擬石風のものと違いアルカリ吐出を60~70%位押さえ、水中での藻の早期着床と小魚類(生物)への悪影響を最少限にする事も目的としています。
又陸上では、石の温度と極小砂利の凹凸により砂・士が少しずつ堆積する事により、小さい草等が生殖し緑化を推進する役割となっています。
実績とし、荒川地区烏川では1ケ月以内に藻がつき、1.5ヶ月で草が生殖しています。山北地区の勝木川ではブロック据付直後より、鮎等の小魚が岸に寄ってきている(普通は寄りつかない)実態を把握しています。
一般的にコンクリート擬石ブロックを環境型といわれていますが、自然の士・石・木等を使用したものを原点と考えての製品であり、長い年月にも自然を残せるものと確信しています。

環境に優しい護岸
NS(自然石)ブロックの環境保全に対する考え方
新大教授 大熊氏が認めた「NSブロック」

平成15年、新潟大学工学部教授で万代橋保存、山口県錦帯橋改修や長良川、信濃川、荒川等河川環境の権威である、大熊博士が、当社NSブロック(間知練積型、間知空積型、平張連結型)を視察されました。
従来の環境型擬石ブロックは環境型とは言い難く、今後河川護岸には、当NSブロックを推奨しながら河川環境の保護に取り組む旨、評価されました。当NSブロックは石と極小砂利の組み合わせで、次のような配慮がなされています。

NS(自然石)ブロックの環境保全に対する考え方
  • ①同じ型のものがない
  • ②20年、30年経ても表面は自然石であり変色がない
  • ③石、木、土、草等が自然で馴染みやすい
  • ④多少高くついても強度性も高く景観が維持しやすい
  • ⑤自然石は擬石(コンクリート)と比べ、温度が高く草や
  • 苔が生えやすく、水中では藻の生殖が早い
従来の擬石ブロックは環境型製品ではない

尚、大熊博士は当品と比べた従来の擬石型ブロック、自然模様ブロック等は環境型製品ではないと断言されました。
(当社にある他環境品(コンクリート擬石ブロック)を視察した上で語られた)今後は各官庁等利用者にNSブロックは環境型製品である事を理解頂き、河川環境の保全を図り、後世により良い河川を残す努力をせよと言われました。
これにより社としては重責を感じ、一層の努力を重ねてまいりたいと存じます。よろしく御使用下さいますようお願い申し上げます。

ブロック製品
NS大型積みブロック
NSブロックせせらぎ控350.500.750
NSブロックかがやき【微石タイブ】控350・500.750型
NS大型積ブロック
NS樹木大型積ブロック
NS大型平張ブロック
大型連節ブロックすいせいⅡ型
大型連節ブロックすいせいⅡ型Ⅲ型
環境配慮型ブロックヒルズ(擬石タイプ)0.5㎡タイプ
π型ブロック標準350.500型
積みブロック2A[400×250×350mm]
積みブロック9A[330×330×350mm](凸)
積みブロック9A[330×330×350mm](凹)
大型積みブロック控35・50自立式鉄平石模様
各種基礎、小口止・仕切壁
大型平張玉石ブロック(擬石タイプ)

波消しブロック等、大型製品も製造いたしますのでお気軽にご相談ください。

ブロック製品一覧表